レーザー治療でのほくろ除去

レーザーを使ってほくろを除去する方法が、手軽に行える方法という事で脚光を浴びているようです。
ですが、除去するほくろの状態によって、どんなほくろでも綺麗に取り去れるというものでは決してありません。
それはレーザーでの除去に限らず、他の除去術に関してもいえる事です。

レーザーでの除去術には、炭酸ガスレーザーというものを使います。
表面のほくろの細胞にレーザーを照射して熱でほくろを削ります。
術前に麻酔をしますので痛みはありません。
ですが炭酸ガスレーザーのみでは、表面しか取る事ができないので再発します。
それに炭酸ガスレーザーのみでの施術はくぼみが残る場合があります(くぼみを持ち上げるレーザーというものもあります)
それを防ぐ為、炭酸ガスレーザーの後、ほくろのメラニンのみに反応するレーザーをもう一度照射します。
このレーザーは正常な細胞には影響しません。

施術後は、肌と同じ色のテープを貼りますが、当日から入浴もできます。
個人差はありますが、傷跡が治るまでに約2週間、赤みがひくのに1ヶ月から最大で6ヶ月程です。
この赤みは、ニキビ跡に赤みが残った方には長くひかずに残る傾向がありますが、女性であればメイクでカバーできる程度です。
気になるようであれば早く引かせる為のレーザーもあります。

ほくろの細胞が深いところまで達しているような場合には、無理して一度で除去しようとするのは禁物です。
そういった場合は、1ヶ月以上の間隔を開けて数回に分けて施術を行います。

レーザーばかりが注目を浴びていますが、この除去法は最小であるとはいっても損傷が伴います。
ほくろを薄くしたい場合は周波の電気療法を組合わせる事もできます。
この方法は、平らで薄いほくろに対してはとても効果的です。

レーザーでの除去術は外科的な除去法と違い、さほど高くはなくても再発の可能性がゼロではありません。
一部取りきれない場合がある事も認識しておく事が大切でしょう。

医療用のレーザー治療によるほくろ除去とは?

ほくろ除去にはいろんな方法がありますね。
自宅で手軽に行えるようなものまであるようですが、病院で行われるホクロ除去法で多く採用されているのは、レーザーを使った方法です。

レーザーを使った場合のほくろの除去は、安全性と皮膚に対する刺激が少なく、仕上がりも綺麗なことから多くの医療機関で用いられているようです。
レーザー治療によるほくろ除去で代表的なのは、炭酸ガスレーザーQスイッチヤグレーザーの2つですね。

CO2レーザーメスとも呼ばれる炭酸ガスレーザーは、比較的小さなほくろや盛上がりのあるほくろなどにおもに用いられています。
除去したいほくろにレーザーを照射することで、ほくろを構成している組織内の水分を蒸散させます。
そして患部を切開しますが、止血と凝固も同時に行う為に出血はほとんどといっていいほどありません。

通常のメスを用いる切除術にくらべ、きず部の周辺組織に与える影響が少なく、皮膚の浅い組織でも切除可能な上に治癒も早いのが特徴です。
ほくろの状況や部位にもよりますが、レーザーによる施術後、傷が治癒するまでには通常7日から10日程が普通です。
ほくろを除去した後のところは紫外線を吸収すると色素沈着を起こしやすくシミの原因となりやすい為、きちんとしたケアが大切です。

また平らなほくろの除去には、Qスイッチヤグレーザーを使用します。
Qスイッチヤグレーザーは、メラニン色素のある細胞だけに反応し、正常な細胞には影響しないのが特徴です。
そういった事から、除去するほくろだけを効率的に除去する事ができるのです。すぐれものです。

またQスイッチヤグレーザーは、ほくろ以外にシミやあざの治療にも用いられます。
ほくろの除去後は、除去した部位が一時的に赤みを帯びたりかさぶたになったりする場合があります。

これらのレーザー治療によるほくろ除去は、皮膚科や美容外科、形成外科等の医療機関で受ける事が可能です。
しっかりと専門医に相談して決めてくださいね。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。