メラノーマカテゴリの記事一覧

足裏にあるほくろ除去には

今までなかったところにほくろが出来たら気になりませんか?
目立つところにできて気になるという意味ではなく、それはそれで確かに気になりますが、ほくろ自体に対する心配があるという事です。

なぜかというと、ほくろは良性であれば除去しなくてもいいんですが、稀に除去したほうがいい悪性のほくろの場合があるからなんです。

ほくろのがん(癌)は「メラノーマ」と呼ばれています。
そしてこのメラノーマは、できやすい部位があるらしいのです。

それはどこかというと、「足の裏」だという事です。これが危険なんです。
もしも足の裏に急にほくろができたら注意した方がいいと聞くのは、根拠のある事だったんですね。
日本人のメラノーマの発症部位の統計をとってみたら、足の裏が全体の3割を占めたそうです。これってすごくないですか?

なぜ足の裏なんでしょうか?
足の裏といっても土踏まずにはできないらしいんです。
ということは、体重による負荷のような物理的な刺激が長期にわたって繰り返されることが関係するのかもしれませんね。
専門家の間でそういった考えもあるようなんです。

もしも足の裏に新しくほくろができた時にはちょっと注意しましょう。
どんな点に注意すればよいでしょうか。
急激に大きくなって5ミリを超えるほどになったり、形がいびつになったり出血したりしたら赤信号です。

そんな時にはメラノーマの可能性が高いと疑い、早めに皮膚科を受診しましょう。
悪性のものであれば早期に除去する必要があります。

余談ですが、ほくろというものは良性のものがメラノーマのような悪性のものに変わる事は稀だといわれています。
悪性のほくろは、初めから悪性の細胞を持って発生するんですね。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。