レーザー治療による、ほくろ除去の方法

体のどこを見てもほくろはひとつもないという人はいないでしょう。
少なくとも、私は今までそういう人に会った事がありません。
ほくろがたくさんある人は情が深いともいうようですが、あまりに多いのも美容の観点からすると考え物ですね。

近年は美容医療が目覚しく発達し、ほくろも炭酸ガスレーザー等で簡単に除去する事が可能になりました。
顔でも体でも、どの部位にあるほくろでも除去する事ができます。

顔にほくろが多い方は、できれば全部取りたいと思われるでしょう。
技術的には可能ですが、費用面を考えると全部というわけにもいかないのが現実ではないでしょうか。
全部のほくろを除去しなくても、目立つほくろをひとつ除去するだけで、ずいぶんと顔の印象は変わるものです。

レーザーを使った除去手術を受ける場合は、事前に行うカウンセリングでほくろの状態を詳しく診察します。
その結果ほくろの除去が困難であったり、危険性が伴うような場合は施術をオススメしない場合もあります。

次に方法ですが、レーザーによるほくろの除去手術には炭酸ガスレーザーを使用します。
皮膚の表面のほくろの色素細胞に、レーザー光線を瞬間的に照射し熱で破壊するもので、10分程の施術で済みます。
施術の際は、事前に除去するほくろの箇所にのみ局所麻酔を施しますので痛みはありません。

レーザーの照射後は、ほくろを除去した部分に肌の色と同じ小さなテープを貼ります。
テープはしばらく貼ったままの状態になりますが、洗顔やメイクは翌日からする事ができます。

また一時的にレーザーを照射した部分の色が濃くなる事がありますが自然に収まります。
通常は1〜2週間でほくろはかさぶたになって剥がれ落ちます。

ほくろの除去後は完全に綺麗な肌になるわけではありません。
ですが炭酸ガスレーザーによるほくろ除去は、最小のダメージで傷跡も小さくほくろを除去する事ができます。
ただほくろの色素細胞が深いところまで達している場合には、1度の照射では完全に除去できない場合があります。

炭酸ガスレーザーを使ったほくろ除去で

ほくろ除去する方法には、いろいろなものがあります。
最近では、皮膚にかかる負担も少なくて施術後の傷跡も小さくて済み、治癒後の痕が目立たないという理由で、レーザーによるホクロ除去のニーズが高いようですよ。

レーザーによるほくろ除去に用いられるのは、一般的に炭酸ガスレーザーと呼ばれるものです。
炭酸ガスレーザーによるほくろ除去は、皮膚の表面にあるほくろの色素細胞をレーザー照射による熱で破壊する方法なんです。
照射時間が一瞬である事と、施術前にはほくろの部位だけに作用する局所麻酔をするので痛みはありません。

炭酸ガスレーザーの照射を行った後には、さらにメラニン色素のみに反応するレーザーで残ったほくろ細胞をしっかりと焼いていきます。
この炭酸レーザーは、正常な皮膚細胞には影響しません。ありがたいですね。

ほくろの除去をした跡には、肌と同じ色の目立たない小さなテープを貼ります。
赤みがひいて完全に治るまではできるかぎり紫外線による色素沈着からシミができるのを防ぐ為、テープはしっかりと継続して貼ります。
メイクは施術の翌日から可能ですので心配はいりませんよ。

炭酸ガスレーザーによる施術は最も傷跡が目立たない除去法という事がメリットなんですよ。
ですが、ほくろの除去後の傷跡は残念ですが完全に綺麗な肌にはならないという事です。
また、ほくろの細胞が深いような場合には、1度のレーザーの照射では完全にほくろを除去しきれない場合があります。
いうなればこれがデメリットではないでしょうか。
その他は安全ですのでやってみましょう!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。