ほくろ除去の口コミ情報、保険適用例、失敗例など

もぐさとほくろ除去について

>>今、人気のほくろ隠しの新アイテムを見てみる
もぐさでほくろ除去とはどういうふうなんでしょうか?
古くから伝わる民間療法として、もぐさを使ってほくろを除去する方法があります。

ほくろ除去の場合のお灸には一般的なもぐさではなく、ほくろを除去する為のもぐさを使います。
人がほくろを除去する目的で精製したもぐさを使う事でより良い効果を得る事ができます。
ですがほくろを除去する為のお灸は自宅で行えるものです。

ではほくろを除去する為のもぐさを使ったお灸の方法をご説明していきます。
を直径1ミリから細さにねじり、除去したいほくろに乗せて線香で火をつけます。
ほくろの場合はもぐさが小さければ3〜4個は必要です。

3〜4日目になると、ほくろの表面が乾燥してきます。
ほくろもあれば生き返るしぶといほくろもあります。

ほくろによってもぐさが効果的なほくろとそうでないものがようです。
輪郭がはっきりしていて平たいほくろはもぐさが効くそうです。
ほくろは、色が薄く輪郭がはっきりしない隆起しているほくろです。
ぐさによるほくろ除去はレーザー等のように皮膚の深い細胞まで削ったりしないので痕が窪む事がなく完治も早いです。
ほくろにはあまり効果的とはいえません。

自宅で手軽に、費用も安くて済むもぐさを使ったほくろ除去は、除去を考える前に試してみる価値ありです。

では、ほくろ除去手術の方法は?
ほくろの除去をしたいと思っても、メスやレーザーを使用するとなるとどんな方法で除去するのか不安ですね。
女性がほくろを除去するような場合には、傷跡が残ったりしないのかとても気になるところでしょう。

ほくろを除去する方法は、大きく分けると「切除縫合法」「くり抜き切除法」「炭酸ガスレーザー蒸散法」「電気凝固法」といったものがあります。
保険が適用されるかと思いますが、歯科治療とほくろ除去は保険は適用されないものに入ります。
ほくろ除去の手術の方法と、メリット、デメリットについてまとめてみましょう。

切除縫合法は、ほくろの直径が5ミリから6ミリと大きかったり、ほくろの可能性が場合に行われる手術です。
ほくろの箇所の皮膚をメスで切り縫合するのですが、ほくろは費用も高く設定されています。
ほくろの除去には向いているという事、デメリットは抜糸後抜糸後に傷が開く可能性があるという事でしょう。

くり抜き法は、ほくろの直径が場合の除去に適している手術で、切除術よりも施術に要する時間も短くて済みます。
事前にに局所麻酔をし、円筒形のメスでほくろをくり抜きます。
ほくろの除去後は軟膏で傷跡の治療をし、傷口が治るまでの期間は2〜3週間程です。
メリットはほくろの直径が傷跡が目立たず治ってしまう事と切除術よりも短い時間で除去できる事です。
デメリットは、除去後稀にほくろが再発する場合があるという事です。
事前にに局所麻酔をし、炭酸ガスレーザーを瞬間的にほくろに照射します。
一方デメリットは、ほくろ細胞が皮膚の深い位置にある場合には照射では完全に除去できない場合があるという事です。

電気凝固法は、ほくろや、表面から隆起しているようなほくろに用いる手術です。
電流を流したものをほくろに当て、電気でほくろを削って除去します。
事前に局所麻酔をし、ほくろが著しく隆起しているような場合には、隆起した部分をメスで切り離してから残った部分を電気凝固していきます。
ほくろであれば簡単に除去する事ができ、施術時間も5〜10分程度と短い事、傷跡もほとんど残らない事がメリットといえるでしょう。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。