ほくろ除去の口コミ情報、保険適用例、失敗例など

ほくろ除去の肌と病院医療

>>今、人気のほくろ隠しの新アイテムを見てみる
ほくろ除去した後のお肌の回復についてみてみましょう。
ほくろ除去の方法として、レーザーを使った除去手術が主流になってきているようです。
この場合、除去した後の傷はどうなのかと気になる人は多いのではないでしょうか。
ほくろ除去をした場合、ほくろを除去した後の傷跡は凹んで赤くなります。
この赤みは傷跡も治ります。

レーザーでほくろを除去した後の傷跡を綺麗に再生させる為には傷跡を保護する事が大切です。
傷跡の保護には、日焼け止めクリームを塗った後、サンプロテクターという肌と同じ色の目立たないテープを貼ります。
サンプロテクターを貼らずにいると、傷跡部分に色素沈着が起こり綺麗に治らない可能性があります。
間スッピンでいけないかと思うでしょうが。
上からメイクできるので大丈夫です。
除去した翌日から可能なので、それなら心配ないですね。

サンプロテクター等で紫外線に気をつける必要があるのは、ほくろを除去してから半年くらいの間とされています。
ほくろを除去して半年くらいの間は、傷跡の皮膚も弱く色も周りの皮膚とは同化していません。
その状態で日焼けをしてしまうと色素沈着が起こり、せっかく気になるほくろが取れたところにシミができてしまいます。
病院を決める時には、そういった除去後のアフターケアの方法も指導してくれる病院を選ぶ事が大切です。
ほくろ除去を病院でやる場合どうなんでしょうか?
気になるほくろを除去したくても病院で手術をして取るとなると、すごく大事のような気がしますね。
ほくろ除去の方法はないかあれこれ探す方もいるかと思います。
探してみると、ほくろ除去用のもぐさやほくろ除去クリーム等もようですね。

ですがここ最近はレーザーを使ったほくろ除去が主流になってきているようです。
美容整形と比べればそこまで高くない感じなので、色々な美容外科を比較検討してみると良いと思います。
美意識が高く、一般人でも美容整形をするのは当り前のようになっているそうです。
話がそれましたが、整形のような大げさな事まではいかないにしても、顔の目立つほくろなら除去している人は多いかもしれませんね。
ほくろくらいと思う人もいるでしょうが、それが大きな悩みになっている人もいるかと思います。
悩みを抱え続ける事で対人関係にも影響するようであればほくろ除去を考えるのもひとつの方法だと思います。

ほくろ除去の相談は、ネット等で調べてみて下さい。
ほくろ除去には、レーザーの他にも多様にあるのででしょうか。
タグ:ほくろ除去
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/55779030

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。