ほくろ除去の口コミ情報、保険適用例、失敗例など

ほくろ除去の傷跡のことで

>>今、人気のほくろ隠しの新アイテムを見てみる
ほくろ除去の傷跡のケアについてみていきましょう。ほくろを除去した後は、レーザーを照射した傷跡にテープを貼ります。
傷跡を保護するのと紫外線が傷跡に当るのを防ぐ為です。
照射によってほくろを除去した後の傷跡は、大体1週間ほどで乾き、かさぶたにようになって剥がれます。
肌は赤みが残っています。
この状態でほくろを除去した傷跡に紫外線が当るとどうなるでしょうか。
色素沈着が起こり、シミになる場合がのです。
せっかく見た目を綺麗にする為にほくろを取ったのに、ほくろと入替わりにシミができてしまってはなりませんね。

ほくろの除去後にできた赤みは、個人差や除去したほくろの大きさにもよりますが、大体半年ほどで目立たなくなります。
ほくろの除去後も、テープを貼った状態にはなりますが、翌日からお化粧しても大丈夫です。

手術によってほくろを除去した場合にも、ほくろの跡が凹んだ状態になって赤みが残ります。
この場合も傷跡に紫外線が当らないように気をつけないと、同じように色素沈着が起こります。

ほくろの除去術は決して安いものではありません。
悪性のほくろ除去の場合は綺麗になる為にお金をほくろを取ったのに、その後のケアを怠っては意味がなくなります。
赤みがひくまではと紫外線対策を綺麗な状態に戻るように頑張りましょう。
ほくろ除去による傷跡についてまどうでしょうか?
「切除縫合法」というメスを使ったほくろの除去術があります。
すし、ブラックジャックのような継ぎはぎができるわけでもありません。

切除縫合法によるほくろ除去は、程度は軽いですがところ傷跡は残ります。
一直線上の細いもので、大きさはほくろの2〜3倍ほどだそうです。
ほくろに適用されるものですので、除去したほくろが大きければ傷も長くはなります。

ですがこの傷跡は案外目立つようなものではないんです。
傷跡は、縦に切ったものより目立たないんです。
シワと同化すれば目立たなくなるんです。シワはあまりできて嬉しいものでもないですが.
目尻、鼻唇の溝、顎のライン等シワが出やすい箇所にほくろの除去には切除縫合法は向いているといえそうです。
事を前提に話をしてきましたが、個人差こそあれほくろ除去の傷跡は、1年も経てば目立たなくなるものです。
しれませんが、そんな事は自分で教えでもしない限りありませんよね。
どれほどの自信がのでしょうね。




この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。