ほくろ除去の口コミ情報、保険適用例、失敗例など

足の裏とほくろ除去

>>今、人気のほくろ隠しの新アイテムを見てみる
ほくろ除去
今までなかったところにほくろができたら気になりませんか?目立つところにできて気になるという意味ではなく(それはそれで確かに気になりますが)ほくろ自体に対する心配という事です。
なぜかというと、ほくろは良性であれば除去しなくても問題ありませんが、稀に除去すべき悪性のほくろの場合があるからです。

ほくろのがんは「メラノーマ」と呼ばれています。
このメラノーマは、できやすい部位があるらしいのです。
裏に急にほくろができたら注意した方がいいと聞くのは、事だったんですね。
メラノーマの発症部位の統計をとってみたら、足の裏が3割を占めたそうです。
事は、しれませんね。
ほくろができた時には注意しましょう。

そんな時にはメラノーマの可能性を早めに皮膚科を受診しましょう。
悪性のものであれば早期に除去する必要があります。

余談ですが、ほくろというものは良性のものがメラノーマのような悪性のものに変わる事は稀だといわれています。
悪性のほくろは、初めから悪性の細胞を持って発生するんですね。

ほくろの除去には様々な方法があります。
自宅で手軽に行えるようなものもあるようですが、病院で行われる除去法で多く採用されているのは、レーザーを使った方法です。
ほくろの除去は、安全性と皮膚に対する刺激も少なく仕上がりも綺麗な事から医療機関で用いられています。
レーザー治療によるほくろの除去で代表的なものは、炭酸ガスレーザーと2つです。

CO2レーザーメスとも呼ばれる炭酸ガスレーザーは、比較的ほくろやほくろ等に主に用いられます。
除去したいほくろにレーザーを照射する事で、ほくろを構成している組織内の水分を蒸散させます。
ほくろの状況や部位にもよりますが、レーザーによる施術後、傷が治癒するまでには通常7日から10日程です。
ほくろを除去した後の術部は紫外線を吸収すると色素沈着を起こしやすくシミの原因となる為、きちんと事が大切です。
ほくろの除去には、Qスイッチヤグレーザーを使用します。
そういった事から、除去するほくろだけを効率的に除去する事ができるのです。
Qスイッチヤグレーザーは、ほくろ以外に治療にも用いられます。
ほくろの除去後は、除去した部位が一時的に赤みを帯びたりかさぶたになったりする場合があります。

レーザー治療によるほくろ除去は、医療機関で受ける事が可能です。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/54505876

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。