ほくろ除去の口コミ情報、保険適用例、失敗例など

ほくろ(ホクロ)除去の研究で

>>今、人気のほくろ隠しの新アイテムを見てみる
ほくろ除去する為の手術って痛いんでしょうか?

あんな小さなほくろを取るだけなのに、手術と聞くとなんだかよね。

手術を何回も受けた経験が平気かもしれません。

プロレスとは趣向が違う、リングの周りに鉄条網を張って電流まで流した中での試合とか。

重症を負ったり、骨折して金属のパイプでつなげたり、体中に縫った跡も無数にあります。

ほくろ除去手術なんてしれません。

ケガをして手術をするのって、突然の事で心の準備とかも関係ないですよね。

大怪我をすれば意識もないかと思うので、ヒマもないのかもしれません。

ほくろ除去の為の手術は、段取りをスケジュールも決めてという形なので心の準備が必要です。

場合は、たとえ手術を何十回もプロレスラーでも緊張するのかもしれません。

話がそれている気がしますが。

ほくろを除去する為の手術は痛くありません!なぜならどの施術であっても術前に局所麻酔をするからです。

ガマンすれば手術自体に痛みは伴いませんし、術後も麻酔が効いています。

それに麻酔がきれる前には消炎鎮痛剤を服用するので、麻酔がきれた途端にのたうち回る事もありません。

ほくろを除去する為の方法には、色々なものがあります。

皮膚にかかる負担が少なく、施術後の傷跡も小さく済み、治癒後の後が目立たないという理由でレーザーによる除去がニーズが高いようです。

レーザーによるほくろ除去に用いられるのは一般的に炭酸ガスレーザーと呼ばれるものです。

炭酸ガスレーザーによるほくろ除去は、表面にほくろの色素細胞をレーザー照射による熱で破壊する方法です。

照射時間が一瞬である事と、術前にはほくろの部位だけに作用する局所麻酔をするので痛みはありません。

炭酸ガスレーザーによる照射を行った後は、さらにメラニン色素のみに反応するレーザーで残ったほくろ細胞を焼いていきます。
このレーザーは、皮膚細胞には影響しません。

ほくろの除去をした跡には、テープを貼ります。
赤みがひいて完全に治るまでは、紫外線による色素沈着からシミができるのを防ぐ為、テープは継続して貼ります。
メイクは施術の翌日から心肺ありません。

炭酸ガスレーザーによる施術は傷跡が目立たない除去法という事がメリットだと思います。
ですが、ほくろの除去後の傷跡は完全に綺麗な肌にはならないという事です。
ほくろの細胞が深いような場合には、レーザーの照射では完全にほくろを除去しきれない場合があります。







タグ:ほくろ除去

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。