ほくろ除去の口コミ情報、保険適用例、失敗例など

ほくろ除去のことで

>>今、人気のほくろ隠しの新アイテムを見てみる
ほくろ除去について、術後の傷跡がどうなるかというお話をします。除去した場合には、除去したほくろの3倍程度の長さの傷跡が残る場合があります。
ですが、横一直線に切るので、シワと同化してしまえばさほど目立たないでしょう。
切除を行った場合には、ほくろの部位の皮膚を丸くくり抜く為に丸く凹んだニキビ跡のような傷跡が残る場合があります。
ほくろにこの方法を使うと、傷跡がケロイド化する恐れがあります。
ほくろを除去したこの場合には、期間が短く、凹んだような跡も目立たないようです。

一方、メスを使わないレーザー治療による除去の場合には、除去の直後は少し凹みが出るものの、くり抜き法ほど出血もありません。
傷跡も小さく済みますが、ケロイド体質の方やほくろにはレーザーは適していません。
レーザーによるほくろ除去は、傷跡が治った後が一番綺麗とされています。
水仕事や入浴の際にはガーゼ等を使ってガードしましょう。
除去後の跡にシミを作らない為には、紫外線対策は6ヶ月は続けた方がよいでしょう。
ほくろを除去する為の方法は多様にあります。
除去や、レーザーを使った縫合や抜糸の必要のない除去法や、他にも様々なものがあります。

除去の方法については自分で選択できるものというよりも、除去したいほくろの状況や部位によって決められるものであるようです。
ほくろの大きさや形状等によって、除去の方法にも向くものと向かないものとがあるからです。
ほくろを除去したかで、施術後の傷跡の状態や治癒までの期間は異なります。
場合は、ほくろを除去した後の部位が赤くなったり、除去した周りの皮膚が硬くなる事により突っ張ったような感じになる事がようです。
永続的なものではなく、3ヶ月もすれば目立たない程度の傷跡になるそうです。
ほくろの除去の後のケアを怠ると、目立たない程度に収まるはずの傷跡がそうはならなくなってしまう可能性があります。
これをしないと術部に色素沈着が起こり、シミの原因となってしまいます。

術後に赤みを帯びたり、黒ずみが出たりするのは手術によって受けた刺激に対するもので、数週間から数ヶ月もすれば目立たなくなります。
ほくろの除去を綺麗に成功させる為には、施術50%、術後のケア50%といわれています。
綺麗な肌に少しでも戻したければ頑張って肌を守りましょう。
タグ:ほくろ
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/53676329

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。