ほくろ除去の口コミ情報、保険適用例、失敗例など

ほくろ除去手術の方法

>>今、人気のほくろ隠しの新アイテムを見てみる
ほくろ除去をしたいと思っても、メスやレーザーを使用するとなるとどんな方法で除去するのか不安ですね。
特に女性が顔のほくろを除去するような場合には、傷跡が残ったりしないのかとても気になるところでしょう。

ほくろを除去する方法は、大きく分けると「切除縫合法」「くり抜き切除法」「炭酸ガスレーザー蒸散法」「電気凝固法」といったものがあります。
施術を受ける病院の方針や設備の状況により、どの方法で施術するかが決められます。

病院にかかるのであれば保険が適用されるかと思いますが、歯科治療と同様にほくろ除去は保険は適用されないものに入ります。
ですがただひとつ、「切除縫合法」だけは保険が適用されます。
一般的にはそうなのですが、それ以外の施術であっても保険が適用されるようにしてくれる病院もあるようです。
その場合には自己負担額は5千円から2万円程のようです。
そうでなく保険適用がされない場合には、施術の方法や病院により違いがあり、5千円から5万円位と随分幅があります。

それではそれぞれのほくろ除去の手術の方法と、メリット、デメリットについてまとめてみましょう。

切除縫合法は、ほくろの直径が5ミリから6ミリと大きかったり、悪性のほくろの可能性がある場合に行われる手術です。
ほくろの箇所の皮膚をメスで切り縫合するのですが、ほくろは取れても大きな傷が残ったり、費用も高く設定されています。
施術後、抜糸までの期間は1週間程で、手術跡が治るまでには2〜3ヶ月程かかるようです。
切除縫合法のメリットは大きいほくろの除去には向いているという事、デメリットは抜糸後抜糸後に傷が開く可能性があるという事でしょう。

くり抜き法は、ほくろの直径が5ミリ未満の場合の除去に適している手術で、切除術よりも施術に要する時間も短くて済みます。
事前にに局所麻酔をし、円筒形のメスでほくろをくり抜きます。
そしてほくろの除去後は縫合せず軟膏で傷跡の治療をし、傷口が治るまでの期間は2〜3週間程です。
傷が癒えた後は、にきび痕程度のへこみになります。
くり抜き法のメリットはほくろの直径が5ミリ未満であれば傷跡がほとんど目立たず治ってしまう事と切除術よりも短い時間で除去できる事です。
またデメリットは、除去後稀にほくろが再発する場合があるという事です。

炭酸ガスレーザーは、ほくろの表面の皮膚の色素細胞をレーザー治療器の熱で破壊する手術です。
事前にに局所麻酔をし、炭酸ガスレーザーを瞬間的にほくろに照射します。
レーザーの照射後、残ったほくろの細胞部分はメラニン色素だけに反応するレーザーでを使って焼きます。
ほんの一瞬の照射で済み、麻酔をするのでもちろん痛みもありません。
施術後は、照射部分に肌と同じ色の目立たない小さなテープを貼りますが、施術の翌日からはメイクも可能です。
ですが、完全に綺麗な肌には戻るわけではありません。

炭酸ガスレーザーのメリットは、施術後の傷跡が最小で済む事です。
一方デメリットは、ほくろ細胞が皮膚の深い位置にある場合には1度の照射では完全に除去できない場合があるという事です。

電気凝固法は、直径1センチを超えるようなほくろや、皮膚の表面から隆起しているようなほくろに用いる手術です。
細い金属の先端に一定の電流を流したものをほくろに当て、電気でほくろを削って除去します。
ほくろを削るのと同時に傷跡は止血凝固していくので、出血はほとんどありません。

通常であれば1度の施術で済みますが、ほくろの細胞が深いような場合には、一度に深く削ると除去部分の凹みが残りやすくなります。
そういった場合には、何回かに分けて施術を行う場合もあります。
事前に局所麻酔をし、ほくろが著しく隆起しているような場合には、隆起した部分をメスで切り離してから残った部分を電気凝固していきます。

小さなほくろであれば簡単に除去する事ができ、施術時間も5〜10分程度と短い事、傷跡もほとんど残らない事がメリットといえるでしょう。


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。