ほくろ除去の口コミ情報、保険適用例、失敗例など

ほくろ除去した後のお肌の回復について

>>今、人気のほくろ隠しの新アイテムを見てみる
ほくろ除去の方法として、レーザーを使った除去手術が主流になってきているようです。
この場合、除去した後の傷はどうなのかと気になる人は多いのではないでしょうか。

レーザーを使ったほくろ除去をした場合、ほくろを除去した後の傷跡は凹んで赤くなります。
ですがこの赤みは徐々に目立たなくなり、2週間もすれば傷跡も治ります。

レーザーでほくろを除去した後の傷跡を綺麗に再生させる為にはきちんと傷跡を保護する事が大切です。
その為には紫外線対策をしっかりとする事がポイントです。
傷跡の保護には、日焼け止めクリームを塗った後、サンプロテクターという肌と同じ色の目立たない小さなテープを貼ります。
サンプロテクターを貼らずにいると、傷跡部分に色素沈着が起こり綺麗に治らない可能性があります。

サンプロテクターを貼っている間ずっとスッピンでいないといけないかと思うでしょうが。
それでは色々と困る方もいますよね。
サンプロテクターの上からメイクできるので大丈夫です。
除去した翌日から可能なので、それなら心配ないですね。

サンプロテクター等で紫外線に気をつける必要があるのは、ほくろを除去してから半年くらいの間とされています。
ほくろを除去して半年くらいの間は、傷跡の皮膚も弱く色も周りの皮膚とは同化していません。
その状態で日焼けをしてしまうと色素沈着が起こり、せっかく気になるほくろが取れたところにシミができてしまいます。
病院を決める時には、そういった除去後のアフターケアの方法もきちんと指導してくれる病院を選ぶ事が大切です。




この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。