ほくろ除去の口コミ情報、保険適用例、失敗例など

ほくろのレーザー除去

>>今、人気のほくろ隠しの新アイテムを見てみる
ほくろは悪性のものもありますが、そうでなければあったからといって健康を損なうものではありません。
ただそうはいっても、顔の目立つ箇所に大きなほくろがあれば気になりますね。
特に女性であれば大きな悩みになると思います。

ほくろでずっと悩み続けたり、コンプレックスを抱えていては楽しく過ごせません。
今は病院で比較的簡単な方法でほくろを除去する事ができるので検討してみましょう。
ただほくろ除去は病気ではないので、保険は適用されませんが..

一般にレーザー除去といわれるほくろ除去法は炭酸ガスレーザーを用いるものです。
除去したいほくろにレーザーを照射し、ほくろの色素細胞をレーザーの熱により破壊します。

炭酸ガスレーザーのほくろへの照射はほんの一瞬です。
また施術前には除去するほくろの箇所に局所麻酔をするので痛みはありません。

レーザーによるほくろの除去術は、手術用の顕微鏡を使って行われます。
その為ほくろのみ正確にレーザーを照射する事ができ、周囲の正常な皮膚を傷める事はありません。

レーザーによる除去術に向いているほくろは、直径3ミリから5ミリ以下で、隆起していない平らなほくろです。
またレーザーの除去術に要する時間は約10分程です。
ですがほくろの細胞が深い場合には、一度の照射では完全に除去できない事があります。
そういった場合には、1ヶ月以上の間を空けて再照射をします。

レーザーを照射した後、ほくろの部分の色が濃くなる事があります。
ですがこれは一時的なもので、大体1〜2週間ほどでほくろの表皮はかさぶたになって剥がれ落ちます。
ほくろが取れた後の傷跡は綺麗な状態になるまでは数ヶ月かかる場合もあります。

レーザーによるほくろの除去術は、最小の傷跡でほくろを除去できるのが最大のメリットといえるでしょう。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。