ほくろ除去の口コミ情報、保険適用例、失敗例など

レーザー治療による、ほくろ除去の方法

>>今、人気のほくろ隠しの新アイテムを見てみる
体のどこを見てもほくろはひとつもないという人はいないでしょう。
少なくとも、私は今までそういう人に会った事がありません。
ほくろがたくさんある人は情が深いともいうようですが、あまりに多いのも美容の観点からすると考え物ですね。

近年は美容医療が目覚しく発達し、ほくろも炭酸ガスレーザー等で簡単に除去する事が可能になりました。
顔でも体でも、どの部位にあるほくろでも除去する事ができます。

顔にほくろが多い方は、できれば全部取りたいと思われるでしょう。
技術的には可能ですが、費用面を考えると全部というわけにもいかないのが現実ではないでしょうか。
全部のほくろを除去しなくても、目立つほくろをひとつ除去するだけで、ずいぶんと顔の印象は変わるものです。

レーザーを使った除去手術を受ける場合は、事前に行うカウンセリングでほくろの状態を詳しく診察します。
その結果ほくろの除去が困難であったり、危険性が伴うような場合は施術をオススメしない場合もあります。

次に方法ですが、レーザーによるほくろの除去手術には炭酸ガスレーザーを使用します。
皮膚の表面のほくろの色素細胞に、レーザー光線を瞬間的に照射し熱で破壊するもので、10分程の施術で済みます。
施術の際は、事前に除去するほくろの箇所にのみ局所麻酔を施しますので痛みはありません。

レーザーの照射後は、ほくろを除去した部分に肌の色と同じ小さなテープを貼ります。
テープはしばらく貼ったままの状態になりますが、洗顔やメイクは翌日からする事ができます。

また一時的にレーザーを照射した部分の色が濃くなる事がありますが自然に収まります。
通常は1〜2週間でほくろはかさぶたになって剥がれ落ちます。

ほくろの除去後は完全に綺麗な肌になるわけではありません。
ですが炭酸ガスレーザーによるほくろ除去は、最小のダメージで傷跡も小さくほくろを除去する事ができます。
ただほくろの色素細胞が深いところまで達している場合には、1度の照射では完全に除去できない場合があります。


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。