ほくろ除去の口コミ情報、保険適用例、失敗例など

ほくろ除去の体験談

>>今、人気のほくろ隠しの新アイテムを見てみる
ほくろ除去手術を考える人は、どんな人がどんな手術を受けているのか、手術までの経緯等が気になりますね。
誰でも経験のない事はかなり不安ですし、ましてや体や顔に傷がつくかもしれないとなると、尚更不安になると思います。

そういった時には、実際に手術をして、ほくろの除去をした経験を持つ人の生の体験談を聞いてみるのが一番でしょう。

ここに、ある30代の男性Aさんの実際のほくろ除去の体験談をまとめてみます。

Aさんは生まれつき顔にけっこう大きく、隆起したほくろがありました。
小さな頃は友人にからかわれる事があってもそこまで気にならなかったものの、思春期になると気になるものです。
Aさんも中学生になり、ほくろの場所から毛が生えてきたりしたことから悩みとなり、大学病院へ相談に行きます。

大学病院では、「気になるのであれば除去は可能ですが、範囲が広い為、数回に分けての手術になる」という診断でした。
ですが結局、中学生の子供を何度も入院させるのは少し可哀想だという親御さんの判断から手術は行いませんでした。

その当時はほくろ除去に関する医療情報は少なく、ほくろの治療を諦めたままAさんは成長していきます。

ですがほくろによってAさんは好きになって告白した女性に「ほくろが気持ち悪い」と指摘されたり、就職先でほくろの事を
影で噂されたりといろんな辛い目に遭います。
社会に出ると自由な時間もそうそう取る事ができず、ほくろ治療にかける時間も取れないことからそのまま時間が過ぎていきます。

ほくろによるコンプレックスが非常に大きかったAさんは、恋愛の機会にも恵まれずにいましたが、その後お見合いがうまくいき婚約します。
それを機に「自分に自信が持てるようになりたい」とAさんはほくろ除去することを決意します。
婚約者のお母さんがシミ取りの経験があったため、Aさんは治療を受けた病院を紹介されます。

中学生の頃とは格段に美容技術が発達した事もあり、切除という方法ではなく数回のレーザー照射で入院する事もなく、ほくろ除去ができるようになっていました。
カウンセリング後、計5回のレーザー照射でほくろ除去に成功したAさんは、今では除去の跡も全く目立たないそうです。

婚約を機に自分を変える決断をし、幸せな生活をつかんだAさん。
この体験談を聞いたあなたはまだ今のまま悩み続けますか?

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/52219673

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。