ほくろ除去の口コミ情報、保険適用例、失敗例など

ほくろ除去の実際の方法

>>今、人気のほくろ隠しの新アイテムを見てみる
ほくろ除去に用いられる実際の方法には以下のようなものがあります。

【切除縫合法】
・直径が5ミリから6ミリの大きなほくろもしくは悪性の可能性があるほくろに適用される方法
・ほくろの表面をメスで切除し、そして縫合する施術の方法
・ほくろをきれいに切除するために、傷跡も比較的大きく、費用も高い
・抜糸までには約1週間、そして傷跡の完治までに2〜3ヶ月とかかる

◆メリット
 大きなほくろの除去にすごく向いている
◆デメリット
 施術後、抜糸した後に傷が開くことがある

【くり抜き法】
・直径5ミリ未満の大きさのほくろに用いられる方法
・円筒状のメスを使い、その部分のほくろをくり抜く施術法
・切除術に比べ施術に使う時間が短い
・術後は縫合は行わずに、軟膏により治療ケアをします。傷跡の完治までにはせいぜい2〜3週間で、完治後にきび痕程度の凹みが残る

◆メリット
 直径5ミリ未満のほくろ除去に適用すると、傷跡がほとんど残らず、施術時間も短い
◆デメリット
 施術後、稀にほくろが再発する場合がある

【炭酸ガスレーザー】
・レーザー治療器を用いて、気になる皮膚表面のほくろの色素細胞を熱で破壊する施術法
・ほくろの部分には瞬間的な照射をし、局所の麻酔を施すことにより痛みもない
・術後には、傷跡への保護用テープを貼り、完治後も完全に綺麗な肌とはならない

◆メリット
 施術法のうち最小の傷跡で、施術する事ができる
◆デメリット
 ほくろの細胞が根深いときには、1度の施術で完全に除去できない場合がある

【電気凝固法】
・直径が1センチを超えている大きなほくろであったり、ほくろの箇所の皮膚が隆起しているようなほくろに適用される方法
・ほくろに一定の電流を流した金属を当てて、電気でほくろを削る施術法
・削りながら同時に止血凝固するので、出血はほとんどない
・通常は1度の施術で除去が可能なんですが、細胞が深いほくろの場合には時期を分け数度の施術を行う
・施術時間は5〜10分で、簡単な小さなほくろであれば簡単に除去する事ができる

どの方法を用いるかは、実際に行って施術を受けるクリニックの設備や方針等で異なります。
費用については、通常は切除法以外は保険適用外なのですが、中には保険適用としているところもあります。
その場合、だいたい自己負担額は5千円〜2万円程です。そして、自費診療の場合は5千円〜5万円程です。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。