ほくろ除去の口コミ情報、保険適用例、失敗例など

ほくろ除去の傷跡の大事なケアについて

>>今、人気のほくろ隠しの新アイテムを見てみる
ほくろ除去の傷跡のケアについて考えてみよう!

レーザーのよってほくろを除去した後は、レーザーを照射した傷跡に肌と同じ色のテープを貼ります。
これは傷跡を保護するのと同時に、紫外線が傷跡に当るのを防ぐ為です。

レーザーの照射によってほくろを除去した後の傷跡は、だいたい1週間くらいで乾いてきて、かさぶたにようになって剥がれ落ちてきます。
かさぶたが剥がれた後の肌はまだ赤みが残っていますけどね。

この状態でほくろを除去した傷跡に紫外線が当るとどうなるでしょうか。ん〜やばい!
色素沈着が起こり、シミになる場合があるんです。
せっかく見た目を綺麗にするためにほくろを取ったのに、ほくろと入替わりにシミができてしまってはホントなんにもなりませんよね。

ほくろの除去の後にできた赤みは、個人差や除去したほくろの大きさにもよりますが、だいたい半年くらいで目立たなくなります。
女性であればお化粧でさらに目立たなくなります。
ほくろの除去後も、実際はテープを貼った状態にはなりますが、翌日からお化粧しても大丈夫なんです。

手術によってほくろを除去した場合にも、ほくろの跡がくぼんだ状態になって赤みが少しは残ります。
この場合も傷跡に紫外線が当らないように気をつけないと、同じように色素沈着が起こります。

ほくろの除去術は決して安いものではありません。
悪性のほくろ除去の場合は別としても、綺麗になる為にお金をかけてほくろを取ったのに、その後のケアを怠っては意味がなくなります。なんでもあとが大事なことが多いですよね。
赤みがひくまではしっかりと紫外線対策をし、少しでもきれいな状態になれるように頑張りましょう。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/48713053

この記事へのトラックバック

童貞卒業します!
Excerpt: 今夜、年上のお姉さんに初体験を41マモナ購入してもらいます。ここを教えてくれた人ありがとーーー!!
Weblog: ヤマダ
Tracked: 2007-07-21 20:09
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。