ほくろ除去の口コミ情報、保険適用例、失敗例など

ほくろの除去後の傷跡について気をつけること

>>今、人気のほくろ隠しの新アイテムを見てみる
ほくろを除去する為の方法はさまざまにあります。
メスを使った外科的な手術での除去法や、レーザーを使った縫合や抜糸の必要のない除去法や、他にもいろいろなものがあります。

除去の方法については自分で選択できるものというよりも、除去したいほくろの状況や部位によって決められるようです。
ほくろの形状や大きさなどによって、除去の方法にも向くものと向かないものとがあるからなんです。

どの方法を使ってほくろを除去したかで、施術後の傷跡の状態や治癒までの期間は異なります。
メスを使っての切除縫合法のような場合には、ほくろを除去した後の部位が赤くなったり、除去した周りの皮膚が硬くなる事により
突っ張ったような感じになる事があるようです。
ですがこれは永続的なものではなく、3ヶ月もすれば目立たない程度の傷跡になってきます。

ただし、ほくろの除去の後のケアを怠ると、目立たない程度に収まるはずの傷跡がそうはならなくなって残ってしまう可能性があります。
もっとも気をつけるべきなのが紫外線対策でしょう。
これをしないと本当に術部に色素沈着が起こり、シミの原因となってしまいます。

術後に赤みを帯びたり、黒ずみが出たりするのは手術によって受けた刺激によるもので、数週間から数ヶ月もすれば目立たなくなります。
ですが、術後のケアをしっかりとしなかった事によって起きた肌トラブルはそうそう元通りにはならないようです。

ほくろの除去を綺麗に成功させる為には、施術50%、術後のケア50%といわれています。けっこう手術後がだいじなんですよ。
綺麗な肌に少しでも戻したければ頑張って肌を守りましょう。いろんなケアー商品もありますから探して見ましょうね。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/47296456

この記事へのトラックバック

チェリー脱出!!!
Excerpt: とうとう俺もチェリーコンプレックス脱出!
Weblog: はやしだ
Tracked: 2007-07-10 14:37
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。