ほくろ除去の口コミ情報、保険適用例、失敗例など

ほくろの除去、ほくろ取る取り方

>>今、人気のほくろ隠しの新アイテムを見てみる
ほくろの取り方、美容外科などで行われる代表的なほくろの除去法について、その術後の傷跡がどうなるかというお話をします。

ほくろの切除縫合法を使って除去した場合には、どうしても除去したほくろの3倍程度の長さの傷跡が残る場合があります。
そうなんですが、横一直線に切るので、顔のシワと同化してしまえばさほど目立たないものです。
くり抜き法を使った切除を行った場合には、ほくろの部位の皮膚を丸くくり抜く為に丸く凹んだニキビ跡のような傷跡が残る場合があります。
5ミリを超えるようなほくろにこの方法を使うと、その傷跡がケロイド化する恐れがあります。
また、電気メスを使ってほくろを除去した場合には、傷が治るまでの期間が短く、凹んだような跡もあまり目立たないようです。
ですがこの方法は、浅く削れば再発の恐れがあり、逆に深く削ってしまうと傷がなかなか治らず、跡も残りやすくなります。
ん〜この選択が難しいんですね。

その一方、メスを使わないレーザー治療による除去の場合には、除去の直後は少し凹みが出るものの、くり抜き法ほど出血もありません。
傷跡も小さく済みますが、ケロイド体質の方や大きなほくろにはレーザー治療は適していません。
そういった事がなければ、レーザーによるほくろ除去は、傷跡が治った後が一番綺麗とされていますよ。
一定期間をおいて、数回に分けてレーザーを照射するとさらに効果的なようです。
術後の跡は、かさぶたのようになる事が多く、新しい皮膚ができた時点でかさぶたは自然に取れます。
ケガをした時のかさぶたと同じです。
無理に取ると肌に負担をかけるので、自然に剥がれるまでガマンしましょう。がまんがまん!

かさぶたが濡れてしまわないように、水仕事や入浴などの際にはガーゼ等を使ってガードしましょう。
そして除去後の跡にシミを作らない為には、紫外線対策は6ヶ月は続けた方がよいでしょう。
みなさん、がんばってほくろの除去をしてきれいになりましょうね。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。