漢方クリームでほくろ除去しよう

レーザーなどを使った美容外科で、ほくろ除去が話題になっているようですが、もっともっと手軽にできる方法があるのを知っていますか?
とっても手軽で、しかも自分で自宅でできるほくろ除去の方法なんです。

それはどんなものかというと、そう漢方のクリームを使った方法です。
ほくろ除去用の漢方クリームが実にあるらしいんです。

自宅でできる上に、漢方成分であれば当然安全性にも不安はないかと思います。
使用法を充分に理解した上で、しっかりと正しく使用すれば問題なしです。
ネット通販で購入でき、通販のサイトで詳しい使用方法や、製品に関するQ&Aなどの詳細情報も得られます。

自宅で自分で手軽にできるといっても、実際にはほくろを除去した後の部分がどうなるかは気になりますよね。
いくら手軽に安くできても、いやな変な痕やシミ等ができてしまっては嬉しくありません。
これについては、一般的なほくろであれば除去後の痕は自分で教えなければ気付かないほどになるという事です。

自分自身はそこにほくろがあった事を忘れませんので、小さな痕でも気になるでしょう。
ですがはたから見れば、教えられなければ全く気付かない程の事が多いという事です。

この漢方クリームの使用可能な部位なんですが、顔のほくろでも十分大丈夫です。
実際購入する人のほとんどが顔のほくろ除去で購入しているようです。
このクリームでほくろを除去して、かぶれや肌荒れを起こした人はいないという事です。
漢方成分であれば優しい成分のはずなので、おそらく敏感肌の人でも大丈夫でしょう。
ですが様々な肌質や体質があるので、全ての人が必ず異常がおきないという事は言い切れない事をご了承下さい。

子供の場合のほくろ除去

子供の成長はホントあっという間ですね。
外で元気に遊んでいる子供は見ていると微笑ましいですね。

でも外で元気に遊ぶ子にはほくろが多いのかもしれませんよ。
成長するにつれてほくろの方も大きくなるかもしれませんが、基本的に子供のほくろはまず悪性に変化する事はありません。
安心ですね。
体が大きくなればほくろも大きくなるのは自然のこととわきまえておきましょう。
急に大きくなったり、6ミリ以上という大きさのものであったりしなければ大丈夫です。

気になるようであれば、子供が外に出かける時には日焼け止めを塗ってあげたり、帽子をかぶせてあげればなお安心ですよ。

顔に目立つようなそんな大きなほくろがあったり、盛り上がっていたりするとやはり気になって触る子供もいると思います。
小さいうちは相手の気持ちも考えず、ほくろのことでからかわれたりして子供が泣くのを見るとお母さんも辛いですね。
どうしても気になるような大きな目立つほくろは、病院のほうで相談し、除去するのもひとつの方法だと思います。

ですが子供のほくろ除去する場合には、まだ未成熟であるために手術をする事によってかえって傷跡が残ってしまう可能性もある事を考えましょう。
子供ではありますが、本人の意思をしっかり確認する事も大切でしょう。

ただほくろは、除去しても将来的に100%絶対に出ないものではありません。
特に問題性のあるものでなければ、ほくろはチャームポイントとして意識付けさせてあげるのもいいのではないかと思います。

タグ:ほくろ除去

ほくろ除去に健康保険が適用する?しない?

ほくろ除去術には実際に健康保険は適用されるでしょうか。
気になりますよね。
これは簡単に一概に適用される、されないとはいえないようになっています。
なぜかというと、実際にほくろの種類やほくろを採用する方法、手術を受けるその病院とそのドクターの判断によって様々な見方があるからです。

そういった複雑な背景が実際にありますが、規定されたガイドラインはあります。
それはほくろ除去が「治療目的」であるか「美容目的」であるかで分けられています。

皮膚がんの疑いがあったり、日常生活にけっこう支障があるような場合、治療目的の意味合いがあるそんなときに、ほくろ除去には保険が適用されます。
美的外観を損なうからほくろ除去したいといったような美容目的であれば残念ながら保険は適用されません。
あざやしみの治療の場合も美容目的の部類に入るようです。
前に述べたように、各病院サイドの方針によってもかなり違いがありますので、治療を希望する病院があれば事前に問合せてみましょう。

ほくろ除去法には、様々な治療法の中からほくろの状態に合ったものが適用されます。
外科や皮膚科で診察を受けてから手術するような場合には、保険適用になる場合が多いようです。
通常はレーザーによる除去術は保険の適用外なのですが、施術を受ける病院やドクターにより適用状況も異なります。
事前に確認するようにしましょう。

病院によっては、ホームページの上で掲示板で投稿やメールでの相談を受け付けているところもあります。
自分のほくろが保険適用内であるかどうかなどを相談するのに利用してみてはいかがでしょうか。
安いものではありませんので、実際に費用面とも合わせて尋ねてみるとよいでしょう。

タグ:ほくろ除去

ほくろ除去ということで病院に行きたくない方へ

女性にとって外からの外見の悩みはかなり深刻です。
はたから見れば「そのくらい気にしなくてもいいじゃん」と思うような事でも、当の本人にとってみればそれがすごく深刻だったりします。

そんな女性の悩みのひとつがほくろですね。
普通のほくろであればそんなに気にならないでしょうけれども、たとえば自分の顔の真ん中あたりに大きなほくろがあったりすれば当然悩みますよね。
そのほくろが原因でけっこう小さい頃にはからかわれていたかもしれません。

こんなほくろなんて取っちゃいたい!
でも病院で治療するほくろの除去の方法を調べたら、削り取るとかメスで切るとかレーザーで焼くとか..
そんなのってなんだか怖い、それに高そうだし..躊躇しますね。

病院に行かなくてもじつはほくろは除去できます!
自宅でできてしまうようなものもあります。
ネットで探せばいいものがいくつか見つけられると思います。
探してみたなかで評判のけっこうよさそうだったものを挙げてみます。

カソーダという重曹とひまし油とを混ぜ合わせたもので、ほくろを除去する方法があるらしいんですが、これはかないポイントが高いみたいです。
あとはもぐさを使ったお灸で取る方法など。
もぐさの方法は鍼灸院とかに行かなくても意外に自分でできるみたいです。
試してみる時は、このもぐさの扱いには気をつけてヤケドとかしないで下さいね!
あとは漢方クリームを使ってほくろを除去する方法や、WMVという名前のクリームなんかも海外では有名みたいです。

どんな方法でも必ずいいところと悪いところがあります。
ほくろの実際の状態によって、合うもの合わないものもあると思いますのでそこは自分で事前に確認しましょう。
目立つ場所のほくろを取る時にクリームを使う場合には、自分の目立たない箇所でのほくろでパッチテストをしておく事をオススメします。
それと人気商品は類似品もけっこう出回ってるようなので、気をつけて下さいね!



レーザー治療でのほくろ除去

レーザーを使ってほくろを除去する方法が、手軽に行える方法という事で脚光を浴びているようです。
ですが、除去するほくろの状態によって、どんなほくろでも綺麗に取り去れるというものでは決してありません。
それはレーザーでの除去に限らず、他の除去術に関してもいえる事です。

レーザーでの除去術には、炭酸ガスレーザーというものを使います。
表面のほくろの細胞にレーザーを照射して熱でほくろを削ります。
術前に麻酔をしますので痛みはありません。
ですが炭酸ガスレーザーのみでは、表面しか取る事ができないので再発します。
それに炭酸ガスレーザーのみでの施術はくぼみが残る場合があります(くぼみを持ち上げるレーザーというものもあります)
それを防ぐ為、炭酸ガスレーザーの後、ほくろのメラニンのみに反応するレーザーをもう一度照射します。
このレーザーは正常な細胞には影響しません。

施術後は、肌と同じ色のテープを貼りますが、当日から入浴もできます。
個人差はありますが、傷跡が治るまでに約2週間、赤みがひくのに1ヶ月から最大で6ヶ月程です。
この赤みは、ニキビ跡に赤みが残った方には長くひかずに残る傾向がありますが、女性であればメイクでカバーできる程度です。
気になるようであれば早く引かせる為のレーザーもあります。

ほくろの細胞が深いところまで達しているような場合には、無理して一度で除去しようとするのは禁物です。
そういった場合は、1ヶ月以上の間隔を開けて数回に分けて施術を行います。

レーザーばかりが注目を浴びていますが、この除去法は最小であるとはいっても損傷が伴います。
ほくろを薄くしたい場合は周波の電気療法を組合わせる事もできます。
この方法は、平らで薄いほくろに対してはとても効果的です。

レーザーでの除去術は外科的な除去法と違い、さほど高くはなくても再発の可能性がゼロではありません。
一部取りきれない場合がある事も認識しておく事が大切でしょう。

ほくろ除去による傷跡程度

ほくろ除去による傷跡気になりますね。

ほくろ除去で「切除縫合法」というメスを使ったほくろの除去術があります。
メスで切るといっても最近の美容外科技術は発達していますので、ブラックジャックのあんなような傷ができるわけではありませんよ。
ですが、やはり傷後が残ると聞くと心配になりますよね。

切除縫合法によるほくろ除去は、程度は軽いですが正直なところでいうと傷跡は少しは残ります。
一直線上の細いもので、大きさは大体除去したほくろの2〜3倍ほどだそうです。
切除縫合法は大きなほくろに適用されるものですので、除去したほくろが大きければ傷跡も長くなります。

ですがこの傷跡は案外目立つようなものではないんです。
帝王切開でお腹を横に切るのはどうしてだと思いますか?
その原理と同じです。
じつは横に切った傷跡は、縦に切ったものより目立たないんです。

顔に横にできる線..そうなんです。シワと同化すれば目立たなくなるんです。
といってもシワはあまりできて嬉しいものでもないですがね。
そう考えると、額や鼻唇の溝、目尻、顎のラインなどのシワが出やすい箇所にあるほくろ除去には切除縫合法は向いているといえそうです。

傷が残る事を前提に話をしてきましたが、個人差こそあれほくろ除去の傷跡は、1年も経てば目立たなくなるものです。
実際に探すつもりで見れば気付くかもしれませんが、そんな事は自分で教えでもしない限りありませんよね。ホント!

そうはいっても、腕のいいドクターに少しでも跡が目立たず小さく済む方法でお願いしたいものです。
雑誌やネット上で大々的に広告を出している病院は、どれほどの自信があるのでしょうね。
がんばりましょうね。

ほくろ除去の傷跡の大事なケアについて

ほくろ除去の傷跡のケアについて考えてみよう!

レーザーのよってほくろを除去した後は、レーザーを照射した傷跡に肌と同じ色のテープを貼ります。
これは傷跡を保護するのと同時に、紫外線が傷跡に当るのを防ぐ為です。

レーザーの照射によってほくろを除去した後の傷跡は、だいたい1週間くらいで乾いてきて、かさぶたにようになって剥がれ落ちてきます。
かさぶたが剥がれた後の肌はまだ赤みが残っていますけどね。

この状態でほくろを除去した傷跡に紫外線が当るとどうなるでしょうか。ん〜やばい!
色素沈着が起こり、シミになる場合があるんです。
せっかく見た目を綺麗にするためにほくろを取ったのに、ほくろと入替わりにシミができてしまってはホントなんにもなりませんよね。

ほくろの除去の後にできた赤みは、個人差や除去したほくろの大きさにもよりますが、だいたい半年くらいで目立たなくなります。
女性であればお化粧でさらに目立たなくなります。
ほくろの除去後も、実際はテープを貼った状態にはなりますが、翌日からお化粧しても大丈夫なんです。

手術によってほくろを除去した場合にも、ほくろの跡がくぼんだ状態になって赤みが少しは残ります。
この場合も傷跡に紫外線が当らないように気をつけないと、同じように色素沈着が起こります。

ほくろの除去術は決して安いものではありません。
悪性のほくろ除去の場合は別としても、綺麗になる為にお金をかけてほくろを取ったのに、その後のケアを怠っては意味がなくなります。なんでもあとが大事なことが多いですよね。
赤みがひくまではしっかりと紫外線対策をし、少しでもきれいな状態になれるように頑張りましょう。

ほくろ除去は漢方クリームでも出来る

ほくろ除去の方法を気にしていろいろと探しているみなさん。
どこの病院がクチコミの評判がいいとか、どこどこのドクターが腕がいいとか、料金が安いとかとばかり調べていませんか?

病院に行くよりももっとお手軽に、もっと安く済む方法で気になるほくろを除去してサヨナラしましょう!

そんなほくろ除去方法ってあるの?

もちろんあります。

ほくろ除去が自宅でしかも自分でできちゃう方法があるんです。
それは漢方クリームを使ったほくろの除去法です。

漢方といえば"中国4千年の歴史"。
古来から語り継がれてきた薬効成分に有害性はまず心配する必要はないでしょう。
でもそうなこと言っても薬品の部類のものは使用前にしっかり用法、用量を確認しましょうね。これって大切です。

この漢方クリームで今まで肌荒れやかぶれ等の肌トラブルが起きた人はいないようです。
ですがどんな薬品や化粧品であっても、必ず全ての人にアレルギー等が起こらないという補償もありませんのでそれは認識しておきましょう。
目立つ箇所に使う前に、目立たないところでパッチテストをしてみるなどして自分自身での防衛策もとりましょう。

漢方クリームを使ってほくろを除去した跡ですが、一般的には自分で教えなければわからない程度の跡が残るくらいみたいです。
敏感肌の人にも安心して使える製品らしく、購入した多くの人が顔のほくろの除去に使っているそうです。

この方法は除去したいほくろに少しずつクリームを塗る事で、1〜2週間位経つとかさぶたのようになり自然と取れるそうです。
ほくろが取れた後の肌には少し赤みが残り、消えるまでには若干日にちがかかるようです。
赤みがひくまでは紫外線が当ってシミができないようにしっかりガードしましょう。
お手入れはきちんと!
タグ:ほくろ除去

しみやほくろの除去には

シミやあざ、ほくろで悩む方はたくさんいらっしゃることと思います。私もそうです。
そのしみ、ほくろの治療法、除去法には多様なものがあり、ほくろ除去や治療をする対象の状況によって一番適切と思われる方法を任意に決定していけます。

シミはメラノサイトという色素が肌の表皮の部分に残り、溜まっていくことによってできるものなんです。
メラノサイトというのは、紫外線から肌を守る為に適度と思われるメラノニン色素を出します。
そして紫外線が細胞に当ることでメラニンを放出させ、色素が放出のバランスを崩して大量に出てしまうことで肌に溜まってしまうんですね。

シミの治療には、実際にはレーザーを使います。
赤や茶色、黒などのメラニン色素に反応するレーザーを照射することで、皮膚の浅い部分にできたシミであれば短時間で除去することが可能です。

あざは色にも黒や青、茶色、赤といったいくつかの種類があります。
またできた原因も、先天的なものから皮膚の組織の異常によってできた後天的なものまであります。さまざまです。

あざの治療は色や大きさ、深さに応じて必要な施術が行われ、あざの状態によっては数回のレーザー照射が必要となる場合もあります。
施術後は少しでも跡が綺麗に治るように、ドクターやカウンセラーの指示で適切なケアを行って下さい。これ大事です!

また、ほくろは皮膚の色素沈着によってできたもので、その細胞の大きさや深さによって除去に効果的な施術を選んで行います。
ほくろの除去には、レーザーの他にも電気分解による方法や切除する方法など、ほくろの状態によって様々な方法があります。
みなさん、きれいにしっかりとほくろ除去、しわの除去をしていきましょう! 

マグノリア皮膚科クリニックでほくろ除去しませんか

東京近郊にお住まいでほくろ除去をお考えの方にとっておきのいいクリニックをご紹介します!

渋谷区にある「マグノリア皮膚科クリニック」は、美容皮膚科、美容外科を標榜するクリニックです。
ほくろ除去だけでなく、永久脱毛やメソセラピー、脂肪溶解注射、それに今話題のアンチエイジングも対応しています。

それにこの「マグノリア皮膚科クリニック」のさらに嬉しい点は、ドクターが女性なんです。これっていいですよね。
女性にとって婦人科系ほどまではいかなくても、美容系の診療科も女性の方がいろいろと女性の心理をわかってもらえそうでいいですね。
かなりたのもしいです。

ほくろ除去については、レーザーによるほくろ除去術がメインとなっています。
以前はほくろ除去はメスでの切除術を行っていたようです。
最近では医学の発達と、それに何よりも傷跡が早く目立たなくなり、仕上がりも綺麗なレーザー治療を採用する事にしたのだそうです。
相談だけでも来院すると、ほくろの状態を見た上で最適な治療方針や経過説明、施術に関わるリスク等もいろいろと詳しく説明してくれます。
たとえほくろは小さいものとあれ体に傷をつけるものは十分に納得した上で治療を受けたいですよね。

それにほくろの除去は傷跡を綺麗な状態に近づける為、その後のアフターケアがとても重要なんです。
この点についても女性の立場からもしっかりと指導してもらえそうです。
これなら唇や目の周り、眉毛など人の目に触れる箇所のほくろ除去も安心して任せられそうですね。よし!

それにさらに嬉しい事があります!
ほくろの除去は再発する可能性が稀にありますから、1回目の施術から1年以内であれば再診料と薬代以外の追加料金なしでケアが受けられるんです。
一度相談だけでも行ってみてはいかがでしょうか。場所と連絡先はこちらです。

マグノリア皮膚科クリニック
■住所:〒150-0002 東京都渋谷区
     渋谷1-8-7 第27SYビル5F
■電話: 03-3486-7855
■診療時間:午前11時?午後8時
■完全予約制
■休診日:月・木曜日

医療用のレーザー治療によるほくろ除去とは?

ほくろ除去にはいろんな方法がありますね。
自宅で手軽に行えるようなものまであるようですが、病院で行われるホクロ除去法で多く採用されているのは、レーザーを使った方法です。

レーザーを使った場合のほくろの除去は、安全性と皮膚に対する刺激が少なく、仕上がりも綺麗なことから多くの医療機関で用いられているようです。
レーザー治療によるほくろ除去で代表的なのは、炭酸ガスレーザーQスイッチヤグレーザーの2つですね。

CO2レーザーメスとも呼ばれる炭酸ガスレーザーは、比較的小さなほくろや盛上がりのあるほくろなどにおもに用いられています。
除去したいほくろにレーザーを照射することで、ほくろを構成している組織内の水分を蒸散させます。
そして患部を切開しますが、止血と凝固も同時に行う為に出血はほとんどといっていいほどありません。

通常のメスを用いる切除術にくらべ、きず部の周辺組織に与える影響が少なく、皮膚の浅い組織でも切除可能な上に治癒も早いのが特徴です。
ほくろの状況や部位にもよりますが、レーザーによる施術後、傷が治癒するまでには通常7日から10日程が普通です。
ほくろを除去した後のところは紫外線を吸収すると色素沈着を起こしやすくシミの原因となりやすい為、きちんとしたケアが大切です。

また平らなほくろの除去には、Qスイッチヤグレーザーを使用します。
Qスイッチヤグレーザーは、メラニン色素のある細胞だけに反応し、正常な細胞には影響しないのが特徴です。
そういった事から、除去するほくろだけを効率的に除去する事ができるのです。すぐれものです。

またQスイッチヤグレーザーは、ほくろ以外にシミやあざの治療にも用いられます。
ほくろの除去後は、除去した部位が一時的に赤みを帯びたりかさぶたになったりする場合があります。

これらのレーザー治療によるほくろ除去は、皮膚科や美容外科、形成外科等の医療機関で受ける事が可能です。
しっかりと専門医に相談して決めてくださいね。

足裏にあるほくろ除去には

今までなかったところにほくろが出来たら気になりませんか?
目立つところにできて気になるという意味ではなく、それはそれで確かに気になりますが、ほくろ自体に対する心配があるという事です。

なぜかというと、ほくろは良性であれば除去しなくてもいいんですが、稀に除去したほうがいい悪性のほくろの場合があるからなんです。

ほくろのがん(癌)は「メラノーマ」と呼ばれています。
そしてこのメラノーマは、できやすい部位があるらしいのです。

それはどこかというと、「足の裏」だという事です。これが危険なんです。
もしも足の裏に急にほくろができたら注意した方がいいと聞くのは、根拠のある事だったんですね。
日本人のメラノーマの発症部位の統計をとってみたら、足の裏が全体の3割を占めたそうです。これってすごくないですか?

なぜ足の裏なんでしょうか?
足の裏といっても土踏まずにはできないらしいんです。
ということは、体重による負荷のような物理的な刺激が長期にわたって繰り返されることが関係するのかもしれませんね。
専門家の間でそういった考えもあるようなんです。

もしも足の裏に新しくほくろができた時にはちょっと注意しましょう。
どんな点に注意すればよいでしょうか。
急激に大きくなって5ミリを超えるほどになったり、形がいびつになったり出血したりしたら赤信号です。

そんな時にはメラノーマの可能性が高いと疑い、早めに皮膚科を受診しましょう。
悪性のものであれば早期に除去する必要があります。

余談ですが、ほくろというものは良性のものがメラノーマのような悪性のものに変わる事は稀だといわれています。
悪性のほくろは、初めから悪性の細胞を持って発生するんですね。

炭酸ガスレーザーを使ったほくろ除去で

ほくろ除去する方法には、いろいろなものがあります。
最近では、皮膚にかかる負担も少なくて施術後の傷跡も小さくて済み、治癒後の痕が目立たないという理由で、レーザーによるホクロ除去のニーズが高いようですよ。

レーザーによるほくろ除去に用いられるのは、一般的に炭酸ガスレーザーと呼ばれるものです。
炭酸ガスレーザーによるほくろ除去は、皮膚の表面にあるほくろの色素細胞をレーザー照射による熱で破壊する方法なんです。
照射時間が一瞬である事と、施術前にはほくろの部位だけに作用する局所麻酔をするので痛みはありません。

炭酸ガスレーザーの照射を行った後には、さらにメラニン色素のみに反応するレーザーで残ったほくろ細胞をしっかりと焼いていきます。
この炭酸レーザーは、正常な皮膚細胞には影響しません。ありがたいですね。

ほくろの除去をした跡には、肌と同じ色の目立たない小さなテープを貼ります。
赤みがひいて完全に治るまではできるかぎり紫外線による色素沈着からシミができるのを防ぐ為、テープはしっかりと継続して貼ります。
メイクは施術の翌日から可能ですので心配はいりませんよ。

炭酸ガスレーザーによる施術は最も傷跡が目立たない除去法という事がメリットなんですよ。
ですが、ほくろの除去後の傷跡は残念ですが完全に綺麗な肌にはならないという事です。
また、ほくろの細胞が深いような場合には、1度のレーザーの照射では完全にほくろを除去しきれない場合があります。
いうなればこれがデメリットではないでしょうか。
その他は安全ですのでやってみましょう!

ほくろ除去手術の痛みってどうなの?

ほくろ除去するときの手術って実際に痛いんでしょうか?
あんなに小さなほくろを取るだけの事でも、手術と聞くとなんだか怖いですよね。本当に!
シチュエーションを考えるだけでもかなりおそろしい!歯医者さんと一緒ですね。

でも手術を何回も受けた経験がある人であれば案外平気かもしれませんね。

たとえばプロレスラー。
これは大変な仕事ですよね。
特に通常のプロレスとは少し趣向が違う、リングの周りに鉄条網を張って電流まで流した中での試合とか..。
もちろん格闘技が好きで、自分が志望してその世界に入った人ばかりだと思うので、本人は苦にしていないかもしれませんが。
それでも実際何度も重症を負ったり、死にそうになったり、骨折して金属の金具やパイプでつなげたり、体中に縫った跡も無数にあります。

そんな手術慣れ(?)しているような人であれば、ほくろの除去手術なんて全然平気かもしれませんよね。

でも考え方を変えたら、事故やなにかでケガをして手術をするのって、突然の出来事で心の準備とかも関係ないですよね。
大怪我をすれば意識もないときがあるかと思うので、怖がっているヒマもないのかもしれませんね。

でも、ほくろの除去の為の手術は、しっかり段取りをしてスケジュールも決めてという形なので心の準備が必要です。
こういった計画性のある手術の場合は、たとえ手術を何十回もしているプロレスラーでも緊張するのかもしれません。

ちょっとなんだか話がそれちゃいましたね。

結論としては、ホクロを除去する為の手術は痛くありません!ホント。
だってどの施術であっても術前に局所麻酔をするからです。
あ、この麻酔の針を刺す時だけは痛いですよ。これは仕方がないですね。チクッ!とします。
でもこのチクッ!さえガマンすればほくろ除去手術自体は痛みは伴いませんし、手術後もしばらくは麻酔が効いていますから大丈夫。
それに麻酔がきれる前には消炎鎮痛剤を服用するので、麻酔がきれた途端にのたうち回る事もありません。
どうぞ安心して手術を受けて下さい。
でも心の準備はいりますよ。

ほくろの除去後の傷跡について気をつけること

ほくろを除去する為の方法はさまざまにあります。
メスを使った外科的な手術での除去法や、レーザーを使った縫合や抜糸の必要のない除去法や、他にもいろいろなものがあります。

除去の方法については自分で選択できるものというよりも、除去したいほくろの状況や部位によって決められるようです。
ほくろの形状や大きさなどによって、除去の方法にも向くものと向かないものとがあるからなんです。

どの方法を使ってほくろを除去したかで、施術後の傷跡の状態や治癒までの期間は異なります。
メスを使っての切除縫合法のような場合には、ほくろを除去した後の部位が赤くなったり、除去した周りの皮膚が硬くなる事により
突っ張ったような感じになる事があるようです。
ですがこれは永続的なものではなく、3ヶ月もすれば目立たない程度の傷跡になってきます。

ただし、ほくろの除去の後のケアを怠ると、目立たない程度に収まるはずの傷跡がそうはならなくなって残ってしまう可能性があります。
もっとも気をつけるべきなのが紫外線対策でしょう。
これをしないと本当に術部に色素沈着が起こり、シミの原因となってしまいます。

術後に赤みを帯びたり、黒ずみが出たりするのは手術によって受けた刺激によるもので、数週間から数ヶ月もすれば目立たなくなります。
ですが、術後のケアをしっかりとしなかった事によって起きた肌トラブルはそうそう元通りにはならないようです。

ほくろの除去を綺麗に成功させる為には、施術50%、術後のケア50%といわれています。けっこう手術後がだいじなんですよ。
綺麗な肌に少しでも戻したければ頑張って肌を守りましょう。いろんなケアー商品もありますから探して見ましょうね。

ほくろの除去、ほくろ取る取り方

ほくろの取り方、美容外科などで行われる代表的なほくろの除去法について、その術後の傷跡がどうなるかというお話をします。

ほくろの切除縫合法を使って除去した場合には、どうしても除去したほくろの3倍程度の長さの傷跡が残る場合があります。
そうなんですが、横一直線に切るので、顔のシワと同化してしまえばさほど目立たないものです。
くり抜き法を使った切除を行った場合には、ほくろの部位の皮膚を丸くくり抜く為に丸く凹んだニキビ跡のような傷跡が残る場合があります。
5ミリを超えるようなほくろにこの方法を使うと、その傷跡がケロイド化する恐れがあります。
また、電気メスを使ってほくろを除去した場合には、傷が治るまでの期間が短く、凹んだような跡もあまり目立たないようです。
ですがこの方法は、浅く削れば再発の恐れがあり、逆に深く削ってしまうと傷がなかなか治らず、跡も残りやすくなります。
ん〜この選択が難しいんですね。

その一方、メスを使わないレーザー治療による除去の場合には、除去の直後は少し凹みが出るものの、くり抜き法ほど出血もありません。
傷跡も小さく済みますが、ケロイド体質の方や大きなほくろにはレーザー治療は適していません。
そういった事がなければ、レーザーによるほくろ除去は、傷跡が治った後が一番綺麗とされていますよ。
一定期間をおいて、数回に分けてレーザーを照射するとさらに効果的なようです。
術後の跡は、かさぶたのようになる事が多く、新しい皮膚ができた時点でかさぶたは自然に取れます。
ケガをした時のかさぶたと同じです。
無理に取ると肌に負担をかけるので、自然に剥がれるまでガマンしましょう。がまんがまん!

かさぶたが濡れてしまわないように、水仕事や入浴などの際にはガーゼ等を使ってガードしましょう。
そして除去後の跡にシミを作らない為には、紫外線対策は6ヶ月は続けた方がよいでしょう。
みなさん、がんばってほくろの除去をしてきれいになりましょうね。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。